クリニックのIT化

こんにちは。女性専門のこころのクリニック、まゆみクリニック柏の葉です。

この度開業するにあたり、どんなクリニックなら通いたいか、自分なりに考えてみました。
自分も出産してから、たくさんの病院に通ったり子供を連れて行っていますが、まぁ大変ですよね。


【病院の待合室で長時間待つのはつらい】
子供はすぐ飽きてどこかに行きたがるんですよね…。
子供の体調が崩れている時は、家事も後回しにしがち。
こちらもぎりぎりまで家で家事をやっておきたいので、家で予約や問診ができるクリニックがありがたいです。


診察する側としての話をさせて頂きますと、今まで勤務してきた病院では、診察時間がだいたい一人5~15分程度です(初診の方は別です)。当然、調子の悪い方を診察するとその時間では足りません。そういう方が重なると、結果予約時間が何時間も過ぎてしまうという、とんでもないことになります。あとになればなるほど、時間のずれが出てきてしまうのですね。
国公立病院、大学病院などではそれもやむを得ないと思うのですが、クリニックではより身近に受診して頂くためには、そういうわけにはいかないと思うのです。
当クリニックではweb予約やweb問診を導入して、限られた診察時間でできる限りの診察ができるようにしていきたいと思っています。患者さんが事前にまとめておいて下さった問診を拝見することで、診察時間を有効に使っていきたいです。
「結局、予約時間なんて意味ないじゃん!」とならないよう、診察時間の効率化のために、ぜひweb問診やweb予約を積極的にお使い頂ければと思います。

【会計を待つのもつらい】
診察が終わってからさらに会計までが長いのは、もはや苦行。薬をもらいに行く元気がなくなります。
私はこれで実際に会計待ちがつらすぎて行かなくなった病院があります。
最近はオンライン診療が始まっていることもあり、アプリで決済するため診察後にすぐ帰宅できて、薬も配送してくれるシステムもあるそうです。私が患者なら、絶対使いたいです。
今、そのような決済システムを色々調べているところです。
後述しますが、オンライン診療も導入を検討しています。

【病院に行くこと自体がめんどう】
私も定期的に受診しています。薬がなくなってそのまま受診ができず、内服をやめてしまったところ、だんだんと体調が悪くなり、結果的にもっとこまめに受診しないといけなくなりました。
急用で予約日に行けなかったりすると、そのあと診察に行くのがすごくハードルがあがるんですよね。

予約をすっぽかしてしまった、という申し訳なさ
怒られるんじゃないかという不安
今日は予約がいっぱいと言われ、待ち時間覚悟で行くしかない

となると「ああ~、もういいや!」ってなってしまいます。
今ではそれでは体調を崩すことがわかっているので、絶対診察に行きますけれど。


この「行かなきゃいけないのはわかっているが、通院がめんどくさい問題」に対して、オンライン診療を早い段階でとり入れようと思っています!
オンライン診療だと予約して、時間になったら自宅でアプリ(あるいはzoomやLINE通話)で診察を受けて、支払いはオンライン決済、その後、薬は自宅に配送されるんです。こんな夢のようなシステムがあるんですよ!未来なのか?!って思いますね。医療のIT化はずいぶん遅れているとのことですが、コロナ禍で一気に進んできたのでは、と思います。
症状が落ち着いている方に限定されるとは思いますが、ぜひこのようなシステムも使っていこうと思っています。

このように、IT化で少しでも患者さんの負担を減らして、よりかかりやすいクリニックになるといいな、と思っております。

関連記事

  1. 内装完成

  2. 打ち合わせ①

  3. 内装工事①

  4. 私が開業するに至ったワケ

  5. 自分とスタッフの働きやすさ

  6. 内装工事開始のお知らせ

PAGE TOP